忍者ブログ

考えるための時間を作る


2014年6月24日の日本経済新聞の朝刊の記事です。“考えるための2時間作れ”という見出しの記事です。普通であれば、考えている時間があるなら行動しろ、頭を使え!と言う人は多いと思います。しかし、ドラッカーさん流はそうではなく、考えるために2時間を作れというのです。なぜドラッカーさんは考える時間が必要だというのでしょうか。ドラッカーさんは、20世紀を代表する経済学者です。「知的労働に置いては、時間の活用と浪費の違いは、成果と業績に直接表われる」。ドラッカーさんが語ったことです。ドラッカー学会理事で公認会計士の佐藤等さんが、ドラッカー流の時間管理術を開設してくれています。
知的労働で問われること。『1時間で何を生み出すか』。平凡な企画ではだめ、卓越した1本の企画を生み出すことが求められるのだと。では優れた企画をどのように生み出すか。「スケジュール帳を埋めるのではなく、空欄を作ること。これがドラッカー流」だというのです。
考えるための時間はどのくらい必要か。10分、15分の分単位での話ではありません。“2時間”です。ドラッカー流を目指すのであれば“一日にまとまった2時間枠をいくつ確保できるか”だそうです。?!、仕事中に枠を確保するって意味ではないですよね・・・?。もし8時間労働だった場合、4回は考えるための2時間を確保できるし(笑)。でも“1日”にって記事にありますから、仕事以外でもいいということなのでしょう^^。では早速記事にあるドラッカー流時間管理術の手順をご紹介します^^。3ステップです。
①時間の使い方を記録する。まず2週間、すべての活動を記録。目的は、自分の癖を見付け、無駄を見付けて整理する。②「捨てる(やめる)」「人に任せる」「組織的な問題を見直す」、この3つの視点で業績を整理する。③残った業務を予定表に再配置し、時間の塊をつくる。スケジュール帳の“空欄”をいかにつくるかという発想が見につけば時間の使い方も変わるのだと^^。

強力なROS被リンクサービス
ROS被リンク
上位表示 キーワード
検索エンジン最適化SEO
SEO 東京都 ペナルティ対策
Yahoo対策 URL
SEOサービス 内部対策
激安 SEOサービス ビジネスサイト
Webページ上位表示 検索
激安 SEOサービス 高品質
Yahoo インデックス対策
安くSEO 価格
Google対策専門
Google順位対策
PR